新妊活サプリメント「VEGEMAMA」は本当に効果があるのでしょうか?
そして飲み方によって、その効果の違いはあるのか調べてみました!
  

ベジママの正しい飲み方とは?

妊活サプリメント、ベジママは葉酸やピニトール、
更にはビタミン類をいくつも配合している、妊活中・妊娠中にぴったりのサプリメントです。

これを摂取することによって、赤ちゃんにとって
良い環境の身体を作ることを目的として作られています。

妊娠中は、葉酸やビタミンが不足します。
そして、不妊に悩む女性の多くはピニトールが不足しているといいます。

このようなことから、ベジママを摂取することは
妊娠前の女性には必要なことで、不妊に悩む女性の救世主であると言えるのです!

本題のベジママの飲み方についてです、
まず、飲むタイミングについてですが、これは1日の内いつ飲んでもいいとされています。

ただし1日の摂取量は4粒とされています。
ですから1日2回に分けるとよいでしょう。

この2回というのは、「朝・晩」が推奨されているようです。
薬ではないですが、薬と同じようにお茶やジュースで飲むのはもちろん駄目です。
水かぬるま湯で飲みましょう。

毎日この正しい飲み方をすることが、ベジママの効果を出す最小限のルールです。

飲み方によって効果が変わる?

ベジママ 飲み方

ベジママの正しい飲み方をご紹介しました。
では、この飲み方が誤っていた場合、どうなるのでしょうか?

ベジママは自然派由来のものです。
植物から抽出した成分などを使っているので、添加物も一切なし。

私たちは安心して摂取することが出来るように、徹底的に配慮されています。

ですが、この「安心」はあくまでも「用法用量」を守って、
「正しい飲み方」をした場合に限ります。

間違った飲み方をした場合は、効果を実感することは難しいでしょう。
そして、誤った飲み方、つまり効果を急ぐあまりの過剰摂取、これは大変危険です。

いくら体に害のないサプリメントでも1日の摂取量を上回ることは、
身体にいいとは言えませんし、効果が早まるわけではありません。

せっかくの妊娠前の身体作りです。
無理な摂取や間違った飲み方は、この妊活を台無しにしてしまう恐れがあります。
飲み方は絶対に間違えないように気をつけなくてはなりません。

ベジママを正しく飲むとどんな効果があるの?

ベジママ 飲み方

では、ベジママは正しく飲んだことでどんな効果を得られるのでしょう?
具体的に実感できる効果としては、何があるのでしょうか?

妊娠しやすくなる

配合成分のピニトールですが、多嚢胞性卵巣症候群に効果があります。
ピニトール自体は、血糖値を下げる働きがあります。

血糖値が高いことや、安定しないことは不妊に繋がりますので、
ここでピニトールが働きかけてくれるのです。

先天性のリスク

葉酸は妊娠中にすごく重要だとされています。
その理由が、葉酸が不足することは赤ちゃんに
「先天性」のリスクを高めてしまうことになるのです。

特に、妊娠から妊娠初期には最も必要であり、
妊娠中もベジママなどで葉酸を摂取する必要があります。

妊娠については効果が目に見えて分かりやすいですが、
後者の方は妊娠を今はまだ望んでいない女性にとっては効果はあまり分かりませんね。
ですが、いつかベジママを飲んでいてよかったと思える日が来るのです。

まとめ

ベジママは赤ちゃんのためだけに作られたものではありません。
含まれた豊富なビタミンは、お母さんの健康・美容のサポートしてくれます。
正しい飲み方をして、効果を発揮させましょう。